日時:2014年4月19日(土)10:30
天気:晴れ 気温:約19℃
場所:花博記念公園鶴見緑地
目的:チューリップと風車

何でここに行ってみようと思ったかというと、昨年古本で手に入れた
『チューリップ…チューリップブック≪本当にチューリップのすべてが分かる≫』
で、おすすめスポットとして紹介されていたからです。
この本はタイトルでも強調されている通り、チューリップに関するあらゆる情報が
載っていますが、発行が平成12年と少々情報が古いのが玉に瑕。
果たして、今でも美しいチューリップ畑を見ることはできるのでしょうか?

四国の山奥から、バスと電車を乗り継いで行ってきました。
遠かったです。

turumi0














併設されている「咲くやこの花館」には何度も来たことがあるのですが、この
公園エリアに入るのは初めてです。
大池という名前の通りの大きな池があり、野鯉と亀が棲息しています。
そしてその周囲には、かつての花博の名残の世界各国の庭園を模した展示物が…
なかなか立派なもので、全部見て回るにはかなりの時間が必要です。
ただ、やや古びており多少の不具合が発生しているようです。
カナダエリアではナイアガラを模した滝があるのですが、何故か妙に臭いので
近寄れませんでした。
比較的往時の面影を留めていると思われるのがこちら↓

turumi1turumi2












↑「モロッコ庭園」
タイルがきれいですし、藤が咲いています。
turumi4turumi3












↑「〝いのち”のランドスケープ<つぼみ>」、「韓国庭園」
何か大地のパワー的なものを表した「つぼみ」は、まさに花開かんとする蕾にも、
グラボイズにも見えます。
大地のパワーの表現には成功していると言えるでしょう。


さて、ここで妹も合流し、いよいよチューリップの花咲く風車の丘に到着!!
そこには意外な光景が…

turumi5










ピンクです!


何と一面がクリアなピンク色のチューリップ…おそらく「ピンクダイアモンド」で
埋まっているではありませんか。
ピンクダイアモンドは人気の品種ですが、こんなにたくさん植えてあるのを見るのは
初めてです。
turumi6turumi7












チューリップにさほどの興味がない妹ですが、この愛らしい桃色の花畑はかなり
気に入ったようでした。


『チューリップ…チューリップブック≪本当にチューリップのすべてが分かる≫』
には、全国41ヵ所のおすすめスポットが紹介されています。
私が行ったことがあるのは、そのうちわずか4か所…いつか他のスポットにも
訪れてみたいものです!

ちなみに四国から紹介されているのは愛媛県の1ヶ所のみ!
いつだってそんなものです。四国は。

日時:2014年3月24日(月)15:30~26日(水)11:00
天気:晴れ~雨 気温:約17℃
場所:長崎「HUIS TEN BOSCH」
目的:国内最多650品種のチューリップ


チューリップ好きの憧れの地、長崎にあるオランダ…そう、ハウステンボス!
1992年開業ですが、最近になって、バラやらイルミネーションやらチューリップやらで
これまでにない盛り上がりを見せています。
私が15年くらい前に訪れたときは、白鳥に威嚇された思い出しかないのですが、
どうやらそれから素晴らしい進化を遂げたようです。
特にチューリップ!オランダっぽい場所にチューリップがいっぱい植わってるなんて、
なんて素敵なことでしょうか!

本物のオランダよりは近いとはいえ、四国の山間部からははるか遠い長崎県佐世保市。
一度行ってみたい…でも仕事があるし…そんな逡巡をここ数年続けていたのですが、
ついに今年仕事を辞めて行ってきました。


ハウステンボスに行くために辞めたわけではないですが、転職に伴いちょうどいい時期に
長期の休みがとれたのです。


四国を出発してから約6時間、私はついにハウステンボスの地を踏みました。
すごく…オランダっぽい!!!
これまで言ったどの外国テーマパークより強烈な『現地っぽさ』を感じます。
何しろここは東京ディズニーランドの2倍の広さ。
そのすべての敷地がオランダっぽい要素で埋められているので、オランダっぽさの奥行きが
非常に広いのです!

huis-01














まず風車!そしてチューリップ!
huis-02
















さらに風車!そしてチューリップ!!

まだ3月下旬だというのに、チューリップは見事に満開です。
作業中のオジサマに聞いてみたところ、なんでも促成栽培で花が咲いたものを堀り上げて
運んで来て、次々植え替えているとのこと。すごい。
huis-04















海水を引き込んだ運河の、その向こう側にもオランダっぽい町並が…実はこれは別荘地で、
実際にここに住んでいる人もいるとか。羨ましい。


素晴らしい場所に来られて大変うれしかったのですが、残念ながら天候に恵まれず…
2日目からは雨の予報のため、1日目(15:00~)に大慌てで写真を撮って回りました。
なんか色が悪い写真ばっかりになったけど、全部天気のせいです。

そんな出来が悪い写真の中から、頑張って色調補正してマシになったものをご紹介!
持ってて良かったPhotoshop!

huis-03













huis-05













huis-06














ハウステンボスに来たからには、この花を忘れてはなりません。
フリンジ咲きチューリップ「ハウステンボス」↓

huis-07huis-08













さすがにたくさん植えてありました。

まだまだ日本では珍しい品種たちも勢ぞろいです。
2014年・日本・初・登場!!品種も有りました。

huis-1huis-2















パーロット系「カリビアンパーロット」「マーベルパーロット」
カリブのことはよく知らないけど、確かにこの花はカリブっぽいように思います。

huis-3huis-4












八重遅咲系「カラーバースト」「ラヴィ」
ちょっと湿ってるけど、ラヴィのしっとりした花色には、この雨上がりの風情が
よく似合う…かしら。

huis-5huis-6












トライアンフ系「シルバークラウド」ユリ咲「ホワイトスワン(新潟7号)」
シルバークラウドの白地に淡くバイオレットが入った感じ、いいと思います。

個人的にダントツに素晴らしいと思ったのがこちら↓

huis-7














「ダブルシュガー」
何というチャーミングな花なのでしょうか。
スイートな色合いと華やかな花形!

huis-9huis-8














個人的にチューリップの魅力は群植してこそ発揮されるものと思っていたのですが、
ダブルシュガーの美しさは1輪だけでも十分なほど完成されています。
そして、何より素晴らしいのは…この花を撮った時だけ、曇り空から微妙に光が
射していたことでしょうか。
正直それが感動の8割を占めていると思います。
天気がいいのが一番です。


さらに…多少空が曇ってても、夜なら大丈夫!
ライトアップされたチューリップというのも悪くないですね。

huis-night2
















テーマパーク内にあるオフィシャルホテルに泊まったおかげで、夜のチューリップも
存分に楽しめました。
huis-nighthuis-cafe













食べ物は、佐世保名物レモンステーキが大変おいしかったです。

huis-niku















↑すごくおいしい。


HUIS TEN BOSCHは「森の家」を意味し、ベアトリクス前オランダ女王の居城に
因んで名付けられたようです。
その居城を再現した「Paleis Huis ten Bosch」がこちら↓

huis-osiro
















すごい…。


大変素晴らしいテーマパークだと思うのですが、なぜかお客さんはほとんど東アジアの方々。
みんなマナーも良いし、別に何が気に障ったわけでも無いんですけど、後で調べてたら
「韓国→長崎」の方が「徳島→長崎」よりも移動時間が短いようで…
それが、何となく…悔しかったです。

日時:2013年10月12日(土) AM10:30~
天気:晴れ 気温:約23℃
場所:滋賀農業公園「ブルーメの丘」
目的:100万本のコスモス

この春、10万本のチューリップが咲き誇っていた滋賀農業公園「ブルーメの丘」で、
今度は100万本のコスモスが見頃になっているようです。
2007年にNHKが行った調査によれば、コスモスは「日本人の好きな花」第4位だとか。
別名「秋桜」にも、日本人のコスモスへの厚遇が見てとれますが、原産地はメキシコ
の高原地帯だそうです。何だか意外ですね。
個人的にはわりと好きな花ですが、ちょっと草姿が粗野なのが難点です。
遠目には可愛らしいのですが、近くで見ると下の方が茶色くなってモジャモジャで…
可憐なお嬢さんのスカートの裾から黒々とした毛脛がのぞいているようで興ざめです。


前回訪れたのが2013年4月14日ですから、実に半年ぶりのブルーメの丘。

ブルーメ秋_門前
















連休初日だけあって、中々の賑わいです。
何かしらのイベントが開かれているらしく出店が目立ちましたが、そこは後回しにして…

ブルーメ秋_コスモス2
















コスモスです!

ブルーメ秋_コスモス1


















100万本の迫力!

ブルーメ秋_コスモス3
















遠目にはほとんど茎葉が見えないほど密に花が咲いており、まさに見頃と言った感じです。
濃淡ある桃色の花が、秋風に揺れて一斉にざわめく様は大変美しいものでした。

そんなコスモス嬢の舞踏会にポツリと混じった異分子…

ブルーメ秋_ひまわり













あ、あれはまさか!ひまわり!!!

ブルーメの丘HPによれば、8月頃はこの一帯は「ひまわりの丘」だったようで。
植え替えや気温の変化をどのように乗り越えたのか、花こそ無いものの、青々とした葉は
元気そのものです。
衣替えの日を忘れた生徒のようで、やや肩身が狭そうですが…さて、今後ますます冷え込む中、
果たして開花に至るのでしょうか?

コスモスを堪能した後は、アルパカに会いに行きました。
キャンディーちゃんとハッピーちゃんです。

ブルーメ秋_アルパカ
















どっちがどっちかと言うと…

ブルーメ秋_アルパカ2
















この張り紙を参考にすると、ヘアスタイルからして…
奥にいるのがハッピーちゃん(♂・アフロ)で、手前にいるのがキャンディーちゃん(♀・角刈)かな?

マニッシュなヘアスタイルながら、おませなメスのキャンディーちゃん(3歳)。

ブルーメ秋_アルパカ3ブルーメ秋_アルパカ4













無関心を装ってからの…魅惑のウィンク!


さて、「ブルーメの丘」で見られたのは、一般的な白~濃桃のミックス花壇でしたが、
コスモスにも色々と品種があります。
以下は大阪府立「花の文化園」で撮影したコスモスたち。

ブルーメ秋_キャンパスオレンジUPブルーメ秋_キャンパスオレンジ














↑玉川大学 稲津厚生先生作出のコスモス キャンパスシリーズ「オレンジキャンパス」。
オレンジと言っても、黄花コスモスのような単純な橙色ではなく、桃色に黄色が混じる
魅力的なパステルカラーの花を咲かせます。
秋の陽に輝く様子など、さんごと金の細工物のようでうっとりしてしまいますね。

ブルーメ秋_キャンパスイエローブルーメ秋_キャンパスディープレッド












↑「イエローキャンパス」「ディープレッドキャンパス」
イエローキャンパスはクリアなレモンイエローの花。
繊細な葉との取り合わせも良く、大変爽やかです。

ブルーメ秋_あかつきブルーメ秋_あかつきUP














↑「“あかつき”と“ピコティ”」「あかつき」
絞り模様が特徴的なあかつきと、細い覆輪が愛らしいピコティ。
ピコティってそのまま「覆輪」という意味なんですが、響きが可愛らしくていいですね。ピコティ

ブルーメ秋_ピコティブルーメ秋_サイケ












↑「ピコティ」「サイケ」
サイケは半八重咲きの品種。
ちらほら一重咲きの花も交るようです。

ブルーメ秋_ベルサイユブルーメ秋_ダブルクリック












↑「ベルサイユ」「ダブルクリック」
ダブルクリックは豪華な八重咲きコスモス。
ピンク以外に白や濃桃の花もあります。

ブルーメ秋_シーシェル白ブルーメ秋_シーシェル桃












↑「シーシェル」
花弁が筒状になるユニークなコスモス。
「海の貝」という名前ですが、貝に似てるかな…あっ、マテガイに似てるかも。
咲き誇る白やピンクのマテガイ。磯の香りがしてきますね。

また、近頃田舎の道端で大群生を見ることもあるオレンジ色のコスモスたちはキバナコスモス。
私の母も「あんまり好きじゃない」と言いながら庭に植えています。
一般的なコスモス(オオハルシャギク)とは種が違い、交雑することはないそうです。
ブルーメ秋_コスミックイエローブルーメ秋_コスミックレッド












↑「コスミックイエロー」「コスミックレッド」
よく見ると葉っぱの形も普通のコスモスとは違いますね。
コスミックイエローにとまっている蝶は「アカタテハ」。
他の蝶に比べて図太いというか、あまり逃げないので写真に撮りやすいです。
ブルーメ秋_ドワーフイエローブルーメ秋_チョコレートコスモス














↑「ドワーフイエロー」「チョコレートコスモス」
チョコレートコスモスは色と香りがチョコレートっぽいことで人気です。
普通のコスモスとキバナコスモスは交雑できないけれど、チョコレートコスモスと
キバナコスモスは交雑できるそうです。


もうそろそろコスモスの時期も終わりですね。
これからどんどん寒くなって、咲いてる花の種類も数も少なくなるので寂しい限りです。

↑このページのトップヘ